詩もどき
 下にいくほど載せた順序が新しいです。
1  二人  この詩のモデルは、エドワード2世とピアズ・ギャベストンです。
          判る人はキラズに向かって「大馬鹿野郎!」とでも叫んで下さい。

2  Brendan 『ブレンダンの航海』に出てくる、あのブレンダンです。
            124もの地獄を形容する言葉が出てくる話です。

3  方 法 塩漬けというよりも、むしろ王水漬けの方が相応しいような・・・・・・。
4  叙 事 ルビは「運命による沈黙」の意。
5  時の地志 『二人』の基になった詩です。
         營という漢字が出てきますが、本当はさんずいが付きます。
            さんずい付きだと出てこないので。
6  金 諾 そんなに暗くないです。
7  Dark Skies Ward Dark Skies Wardsだと違う意味に・・・・・・。
8  The Death レイヴンは不吉の象徴です。
9  Mirage アラビア風味。
10  Some Unsung Heroes Some Unsung Heroesは「賞賛されない英雄達」という意です。
11  Denizens of a fate 訳は運命の住人達。
                      以前も『ラ・ルオタ』(伊語で運命の輪の意)という詩を書いた気が・・・・。
12  Traitors 訳は反逆者達(誰に対して?)。
13  Old Sores 訳は古傷。
14  エルサルバドル エルサルバドルは「救済者」の意味。
15  Ardas アルダースは「祈り」の意(シク教の言葉)。
16  迷 宮 輪廻転生が題材。
17  塞がれた空 Gods Are Nowhere it's in My Heart.
18  不醒の祈り 左右に座するものは創作です。
19  封印の三年間 1941〜1944 レニングラード攻防戦。
20  Heaven in the Koo 全ては汝の為に。
21  Double Knuckle Shuffle 価値観の相違。
22  背信の徒 その先に待っているものは・・・・・・。
23  耀きの欠片 あの時輝いていたのは何だったのだろう?
24  披 瀝 心が向かう先。
25  夢の居場所 名前を忘れられる時は自然に来るけれど。
26  Genocide 僕が静寂を耳にする時・・・・・・。
27  フィンヴァッラの火 〜熱砂の奇跡〜 シリーズその1。
28  毀 傷 1979〜1988 USSR アフガニスタン侵攻戦
29  Filho postumo de Deus ポルトガル語で「神の遺児」(文法が間違っていなければだが)。
30   種を播くのはいつだっていいんだ。
31  All' arme イタリア語で「武器を取れ。」の意。
32  フィンヴァッラの火 〜祈り〜 シリーズその2。
33  Sunny Spells and Scattered Showers 訳は雨晴れて時雨あり。
                   敢えて"あなた"という語は使いませんでした。
34  Potentiality potentialyは可能性を有する者の意。
35  最低の極限 昔書いたものを加筆訂正したものです。
36  An Anonymous Songs 訳は名も無き歌。
           ただ、生きたかった。それだけなんだ。
37  The Age are Coloured with the Shades of Time 訳は時の翳(別に影でも陰いいのだが)。
38  Jack O' Lantaern 訳は鬼火。「あった事」を幻想とする前に、真実を。
39  Memento Mori 訳は死を忘れるな。若しくは死の象徴。
        どうやって涙をとめればいい?貴女の"応え"が、欲しいんだ。
40  Phantom 訳は場所の記憶。又は幻影。
41  The Other Side 訳はもう一つの物語。『Ishmael』のテンカとツキシロを想定して書いたものです。
42  I have Opaque Future 訳は明日の見えない僕達。英題は故意に"I"にしてある。
            発狂したければ真実を知りに行けばいい。
43  Selection 訳は選択。
       自分を作り上げるのは自分の言葉以外にないんだ。考えて世界の呼吸の一つとなる。
44  幻 影 訳はタイフ。自分の存在を打ち消す為、貴方は"タイフ"と名乗ったはずだった。
     『Ishmael Al Sad al Dhabih』の某人物の心情。
45  Sweet Scented Fantasy クー。それは予期せぬ大当たりの事。
46  酔生夢死 僕は、夢と夢の狭間を行き来する。
47  参 商 完成図(もう一つの題名)は、絶えず夢を見続ける。
48  ニーヤ 意味は決意。2006.6の日記から。
49  血をまとう緑髪 意訳は異端児。緑髪(りょくはつ)は忌詞で僧のこと。
50  Sig 訳は谷底のような道。頑張れと言うつもりはないよ。僕には僕の、君には君の生き方があるから。
51  偉大なる平等主義者の下で Death is the grand reveller.(死は偉大なる平等主義者)
52  Ending. and・・・・・・ 訳はエンディング、そして・・・・・・。
53  Dagh 直訳は傷痕。意訳は存在場所。死は何も特別なことじゃあない。
54  Fairytale side A 訳は御伽噺。失恋は終わりじゃないよ。
55  Fairytale side B 訳はおとぎ話。迷走の覚悟は出来て?
56  桜花飛英 いつかどこかで・・・・・・。
57  願いの種 題材は環境問題と2.26事件。
58  Hearse 訳は棺台または墓。僕に一体何をさせたいんだ!?
59  誣告、天為 原因を見たことはあるかい?
60  Four things are not to be brought back 訳は戻らない4つのもの。
61  ジオグラフ 訳は地上絵。
62  インプロヴィゼーション インプロヴィゼーション⇒利き手を失った者達の楽譜。
63  Petal Storm Center 意訳は幻想を視る者の想い。
64  白河夜船 読みは「しらかわよふね」。
65  GAROEZ les Couers 訳は勝ち取った心を守れ。
67  Tukhm-e Khwahish 訳は願いの種。
68  狂 咲 咲は笑の古字。矛盾が選択させたもの。
69  そこで滅びるために 作中に出てくる「あなた」はご随意に。
70  Spring Reaper 訳は流れを緩ませたる者。あなたは一体俺をどうしたいというのだ?
71  花 嵐 死命の痕に残るはただ風ばかり。
72   壟断(ろうだん)という感情の先にあるもの。死して後(のち)已(や)む。
73  for love 手を伸ばして、一体何を絡め捕ろうというのだ?・・・・虚しいだけだ。
74  fatality 本当は傍に居てあなたを護りたかった。
75  残 揺 光 自分という「言葉」の勝義を掴めども、結局は匠気に帰結するのだろう?
76  So you not say goodbye この季節の隙間に梅花、桃花、桜花はそれぞれの涙を天に散らす。
77  僕等は数え切れない他者の死の上に立つ 月は19年を掛けて元に戻り、墓場にしか続かない栄光への道を照らす。
78  Krise クリーゼ、それは運命の分かれ目。今旅をしているのは本当は僕かもしれない。
79  涵 養 さぁ、双眸を真正面に合わせ、よく見るがいい。
80  花鎮舞 変わったのか。変えたのか。変わられたのか。それとも・・・・・・
81  August ohne Gebet August ohne Gebet=August without Prayer 邦訳は祈る者無き夏。
82  愛しきよし 百(もも)に千(ち)に 人は言ふとも 月草の うつろう心 我持たれやも
83  交錯する思いの行方 墨染めだった桜の色。時を経て、今年は何色を望みますか?
84  Petal storm 〜Ethereal sympathy〜 運命が僕等を必要としなければこんな出逢いは無かったよ。
85  多重化隠蔽 本当の死を否定する存在であるのにも関わらず、それは常に不安定。
86  ラグナレク アイスランド語で「この世を治めるものの運命」。その先にあるのは決して滅亡なんかじゃあない。
87  存在の継承 私の思いがあなたを守る。私はあなたへの思いを貫くだけ。そう、ただそれだけ。
88  ゲシュタルト崩壊 言い伝えられし伝承を明かそうとする者に災禍あれ。
89  Supernal foe 不倶戴天の敵。それは同じ立場に立てない者達に他ならない。
90  Petal Storm 〜leavem〜 時が止まるという感覚は、まやかしに過ぎないのだろうな。
91  紺青の別れ 縺れ合う糸は時をも超えて・・・・・・。
92  Samsara この想いは自分だけが負っていけばいい。そう、自分だけが。
93  後 図 この結果は功徳で清められるものなのか?(どちらかに偏って読んで下さい。中央は共通です)
94  天地をなげき乞い祷み 何の為にじゃあなく、何に生きるかの方が自分にとっちゃあ重要さ。
95  水波の隔て 迷走を続ける時代に一身を賭けぬけて。
96  Nirvana 満たされていても泣きたい時がある。満たされていなければ尚更か?
97  天 底 存在の退行の終点と再生の視点を象徴するもの。それが天底。
98  曠 世 何の為に死ぬんだろうか。魂に刻まれた傷は死を以って癒されるのだろうか・・・・・・
99  虚なる皮膜と真実の心と 中(うち)と外、どっちを偽れば好い?
100  桃花水 涙珠りょう涙(るいしゅりょうれい)涙痕(るいこん)乾くことを不知(しらず)。
101  今は限の刻と見れば 見える景色は同じでも再びなど存在しないのだ。
102  黄泉返ル瞋恚ノ情 古き戦場に咲く慰霊の花(桜)は未だに美しいままか――?
103  在りし日の 過去の隙間に眠るのは未来という定形。
104  守 拙 私は貴方の剣となり、楯となる。――貴方を信じているから。
105  留鎮陸上 来世へと持ち越したい想いは・・・・
106  飛鳥川 自分を惑わしているのは現実か?それとも幻想か?
107  明日香川 屍の上に立ち、微笑して手を差し出す貴方。私は貴方に手を伸ばしながらも背後の闇へと身を躍らせる。
108  一筆箋 溢れ来る想いは言葉となる。が、受け取り手などいないのだ、私以外。
109  悲願花 この想いを封印出来たのは1年だけだった。決して亡霊に囚われているわけじゃあない。
110  境 涯 もしこの道に帰り道があったのなら、どのような畢生を送っていただろうか・・・・・・
111  桑滄之変 時代の流れは天賦をも越える。
112  瓜二つ 導いていたこの結末を、もっと早く帰結していたのならば・・・・・・。
113  雪糅の雨が如し魂合わば 一体どれだけの者を犠牲にせねばならぬのか。それでも生きよ。と――。
114  五夜をこよて 何故慾しいままに生きない?貴方にはそれが出来るはずだ。